• ホーム
  • クラミジアの潜伏期間を知っておかないと知らずに大事な人に感染させていることも

クラミジアの潜伏期間を知っておかないと知らずに大事な人に感染させていることも

性感染症には潜伏している期間というものが存在し、クラミジアにもあるものなので、どれくらいの潜伏期間があるのか把握しておくことが大切だと言えるでしょう。性病に感染したとしてもすぐに症状があらわれるわけではなく、潜伏期間は性病に感染してしまった時点から症状があらわれるまでの期間を指しています。これは性病の種類によって期間が異なるので、感染してから数日のうちに症状があらわれるケースもあれば、何週間も症状があらわれないというケースもあるので注意が必要です。

クラミジアの潜伏期間は1週間から3週間ほどだと言われていますが、これは男性の場合の話であり、女性には当てはまりません。女性に関しては症状があらわれない無症状であることが多いなどの理由から、正確な期間はまだ明らかにされておらず、男性のみ平均で数週間の潜伏期間があると確認されています。男性器に感染した場合は数週間で尿道炎のような症状があらわれることが確認されており、症状が似ていると言われることが多い淋病よりも潜伏期間が長いということができるでしょう。

性病には様々なものがありますが、クラミジアは特に症状が感じられにくい病気だと言うことができるので、感染していたとしても8割ほどの人はその事実に気づくことができません。もしもクラミジアを持っている人とセックスをしてしまったと後から気づいた場合には、数週間後に性病を発症しているかもしれないと考えておくと良いでしょう。潜伏期間について知らなければカップルのどちらかに症状があらわれたときに、最近はセックスをしていないのに一方だけ性病であれば浮気だと勘違いしてしまうケースもあります。クラミジアは長ければ3週間ほどの潜伏期間があるので、先週はセックスをしていないからなどの理由で勘違いしてしまうことがないように正しい知識を持っておきましょう。

他の性病よりも症状があらわれにくいクラミジアだからこそ、潜伏期間について正しく理解しておかなければ、大切な人に性病を移してしまう可能性があります。感染者とセックスをしてから数週間を経てから発症することが多いので、症状があらわれていない間にパートナーとセックスすることで病気を移してしまうことがあるかもしれません。大切な人を傷つけてしまうことがないようにするためにも、クラミジアの潜伏期間に対する正しい知識を持ち、パートナーに感染させることがないように意識しておきましょう。

関連記事
一人で悩み悪化させる前に使おう!匿名の性病の電話相談窓口について 2020年05月18日

性病になってしまったかもしれないと感じるとき、医療機関だけではなくパートナーや家族にも相談することができないという人は少なくありません。恥ずかしいという理由や怒られたくないという理由から誰にも相談できずに悩みを抱えてしまう人は多いですが、ひとりで抱え込んでいても何も解決しません。周りの人や医療機関で...

性病を予防する方法を知っておこう!性行為以外でうつることもあるの? 2020年04月09日

クラミジアを始めとした性感染症にならないようにするためには、性病を予防する方法を知っておかなければなりません。性感染症を防ぐために最も重要なことは性行為を行うときに、コンドームを着用することで性器や粘膜同士が触れてしまわないようにすることだと言えます。クラミジアもそうですが、多くの性病は性器同士や粘...

恥ずかしいからと放置は絶対にNG!クラミジアをそのままにするリスク 2020年02月29日

もしかしたら性病になったかもしれないと感じても、恥ずかしいからという理由で病院に行かず放置してしまう人は少なくありませんが、そのままにしておくと重篤な症状を招いてしまう可能性があります。治療薬を用いて適切な治療を進めておけば早く治った病気であったとしても、放置してしまうことで完治するまでに長い時間が...

病院に行くのは恥ずかしい人におすすめ!クラミジア検査キットを安い価格で購入する方法 2019年12月27日

病院で性病かどうかチェックしてもらう必要があると感じながら、恥ずかしさのせいでなかなか医療機関を受診することができない人は少なくありません。クラミジアを含めて性感染症になってしまう人は少なくないので、性病科や産婦人科、泌尿器科などで検査してもらうことは恥ずかしくないことだと言えます。性器を見せずに検...

クラミジアになる原因とは?性感染経路以外からなることがある? 2020年01月15日

性病の多くは性行為が原因で感染しますが、クラミジアもコンドームを使用せずに行ったセックスやオーラルセックス、アナルセックスなどによって感染することが多いと言えます。精液や膣分泌液などにクラミジアの原因菌が含まれているので、性行為によって性器と粘膜が触れたときに感染してしまうことが非常に多いと言えるで...